fc2ブログ

comomo's Wedding note

元ジュエリーデザイナー、エンゲージリングを探しに行くの巻。vol.1

そういえば、突然、結婚式場探しやドレス選びについて書き始めてしまっていたので、
そこに至るまでのことを書いてみようかなと思います。

実は昨年末に北海道へ旅行に行った時にプロポーズを受け、婚約しました

フィギュアスケートの全日本選手権エキシビションのチケットが当選し、たまたまクリスマスシーズンに北海道へ行くことになりました。
(こももはフィギュアスケートの観戦・鑑賞が好きなのです)
せっかくなので少し観光もしようということで、函館と全日本選手権の会場がある札幌の2都市に行きました

函館で綺麗な夜景を見ながらお食事しているときに、とっても素敵なエンゲージリングを彼からいただきました
おばあちゃんになってもずーっと大事にしたい宝物になりました

そこで、今回は元ジュエリーデザイナーらしく、エンゲージリング(婚約指輪)探しについてのポイントを、自分の体験談も交えて書いてみようと思います

****************************************

実は、約1年前までジュエリーデザイナーとして働いていた私

それなりにこだわりもありまして。。。でも、

「ジュエリーデザイナーなら自分で作るんでしょ?」とよく言われますが、

「私はお客様のためにデザインをしてきたんだよー、なんで自分がもらうものを自分でデザインしなくちゃいけないのー、男性側がデザイナーで自分がデザインしたものを相手に贈るならわかるけどー」という思いがあって。

「こういう時くらい、自分がお客様になりたーい

という訳で、既製品を買っていただくことに。

そんな私が運命の1本と出会うまでのストーリー(大げさ)を交えつつ、選ぶ際のポイント、各店の対応などを何回かに分けて綴ります


****************************************

まず今回は選ぶ前に、

「エンゲージリングはサプライズがいい?とれとも一緒に買いに行くのがいい?」

ということについて。



男性の皆さん、「ボクの彼女はいつもティファニーのジュエリーをつけているし、以前誕生日でティファニーのものをあげて喜ばれたから、ティファニーで買えば間違いない」と思っていたら大間違いです。

困ったことに女性は、「エンゲージリングをもらうならここがいいな」と男性が聞き慣れないようなブランドに憧れている場合があるからです。



ここ数年は、カップルでエンゲージリングを買いにくるお客様が多いです。

理由は、「一生ものだから、彼女が気に入ったものを贈りたい」からだそうです。

優しいですねぇ

他の理由としては「彼女の好みがわからない」「気に入らないものを贈ってしまったら取り返しがつかないから」「自分で選びたい!と彼女が言っているから」など。



確かに、サプライズで彼女に内緒で指輪を購入してしまうと、「似合わない、好みじゃない、違うブランドのものが良かった」等、お互いに悲しい結果になってしまう可能性があるので、よほどの自信がないかぎりは一緒に買いに行く方がいいでしょう。
(ただ、今回ご紹介したい方法はまた別で、後ほど説明します。)


実は、試着してみないと、自分の指に似合うか似合わないかわかりません。

ジュエリーデザイナーでさえそうです。(似合いそうだなくらいのイメージはわきますが。)

それに、サイズもデザインによって多少着け心地が変わります。
同じサイズでも太いデザインはキツく感じるし、細いデザインは緩く感じます。
(厳密に言うと、昼・夜、夏・冬でも指の太さは変わります)



ただ、この一緒に買いに行くということを「夢がない」「ロマンチックじゃない」と思っている男性が実は少なくないようです。

男性の友人や、友人の旦那さまからそんなご意見をちょこちょこお聞きします。
できれば、サプライズさせてあげたいし、してもらったらとっても嬉しいと思うんですよね。
でも、万が一欲しくないものをもらってしまったら。。。という現実的な女性の気持ちもわかります。



そこで、両方の想いを汲んだ方法をご紹介。



それは、下見は一緒に行くけれど、購入に行くのは彼のみで、いつ・どこで・何をもらうかは、そのときまで彼女はわからないという方法です



前述の通り、ジュエリーは試着してみなくては、基本的に似合う似合わないはわかりません。
2人で気になるものを選び、実際に試着したところを一緒に見て感触を確かめましょう。

そこで、「もうこれしかない!」と決まってしまえば、それを後で彼が買いに行って、別の日にサプライズで渡すといいかと思いますが、
候補がいくつかある場合は、その場であえて決めずに、後日候補の中から男性側が選んで購入し、サプライズで渡すのも、最終的に何をもらうのかわからないので、わくわく感があって素敵だと思います



下見のときの彼女の反応や、見終わったあとの感想などから、彼女の好みがわかるし、似合う似合わないは本人よりも彼の方がわかる場合もあります。

男性が後日一人で買いに行けば、予算に合わせてダイヤのグレードなどで価格の調整も自分だけでできるので、リアルなお金の部分を彼女に見せずに済ませることもできます。
(今後、ダイヤのグレードによる価格の違いや、下げても問題ないグレードについて書きます。同じ大きさのダイヤでもクラリティ・カット・カラーのグレードが変わると価格が全然違います。)


****************************************


実際に、私はこの方法でエンゲージリングを贈ってもらいました。
自分では思っていないタイミングで受け取ったので、想像以上にとても驚いたし、嬉しかったです

しかも、二重のサプライズがありました!



「実はね~、今日はこれを用意してきたの~」と、あるブランドの袋を出してきた彼。

これはエンゲージリングに違いない!と思うのと同時に、ここのお店で見たものに決めたんだ!と思ってうるうるしていたところ、その袋から出てきた箱が、見慣れない箱。

「あれ?ここのブランドってブライダルも箱はあの色じゃなかったっけ?(←職業上詳しい)変わったの?」と言っていたら、彼がニヤリ

箱から取り出したケースをパカッと彼がを開けたのを見て確信!この観音開きは (←元職場はこれでどこのブランドか通じる)

袋とは別のブランドの指輪だったんです!



手が込んでいるでしょ?

そんなお茶目で素敵なサプライズをしてくれた優しい彼なのでした


****************************************


一生モノのお買い物はくれぐれも慎重&ロマンティックに。

今回は、この辺で~

次回は、「何をポイントに探すか」あたりを書こうかなと思います。


こもも

Posted by comomo on  | 4 comments  0 trackback
このカテゴリーに該当する記事はありません。