comomo's Wedding note

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by comomo on  | 

フランス新婚旅行(5日目①) Michel Brasの朝食&予約情報 〜 パリへ移動

 
おはようございます☆ こももです:)

P4090614.jpg

ミシェル・ブラスの朝です。



昼間の突き抜けるようなブルーの空や、陽が傾いてきた空のグラデーションも素敵でしたが、

遠くまで広がる大地に霞がかかった朝の風景もまた、ため息が出る美しさ。

しばし、ボーッと眺めてしまいました〜

P4090616.jpg



さて、ミシェル・ブラスの予約方法を載せておきます☆

ミシェル・ブラスのサイトの予約フォームから予約ができます。

ミシェル・ブラスの営業は4月〜9月で、予約の受付開始は毎年1月。

(日にちは年によって違うようですが、5日前後のようです。)

こももの旦那さんは、受付開始日に予約してくれました。

予約の際は、時差を考慮してくださいね☆

Michel BRAS




前日の夜に、ディナーをお腹がはち切れるぎりぎりまで頂いたこもも。

しかーし!

朝食もしっかりいただいちゃいます☆

病み上がりだったこももも、綺麗な空気と美味しい料理でかなり元気になりました!



朝食を取る場所は、前日にアペリティフと最後のプティガトーを頂いたサロンか、お部屋のどちらかを選べます。

こももは、お部屋からの景色を堪能したかったので、お部屋に運んで頂くことにしました♪



じゃん!

P4090617.jpg

わあ♡ 元気が出るオレンジ&ベリーカラー♪



そして、大好物のパン♡

P4090619.jpg

P4090620.jpg

クロワッサンやデニッシュのサクサク系に、ハード系、ケーキ系もあって感激!



フルーツのジャムやミルクジャム、ヨーグルト、フレッシュチーズ、ベリージュースなど盛りだくさん♪

P4090618.jpg

うーん♡ どれもおいしい♪

とはいえ、やっぱりお腹がはち切れそうなので、少しずついただきました。

朝食が済んで少ししたら、もうタクシーで移動です。

行きに酔ってしまったこともあり、限界まで食べてしまうとあとが怖いの。。。

残念ですがほどほどにしておきました〜



はぁぁぁ♡ 幸せな朝ご飯♡

できるなら、このまま1日この景色を見ながらのんびりして過ごしたい〜。

とっても名残惜しいですが、こももたちは朝から移動です〜。

出発の準備をしてレセプションへ。

うう、この景色も見納めです。



タクシーの到着を待つ間、レセプションの側にあるお土産コーナーへ。

P4090623.jpg

お食事に出てきたジャムや、ハチミツ、ドリンク類、お部屋のアメニティや、調理グッズまでいろいろと取り揃えられています☆

あの、やみつきになったレモネードもありました!

しかし、移動が多い中でビンは重いので断念。



巣ごと容器に入ったハチミツ!

P4090622.jpg



通常のハチミツだけのものもあります〜

P4090624.jpg



お部屋のアメニティに含まれていた石けん☆

とっても使い心地が良かったので購入しようか迷いました〜

P4090625.jpg



そんなことをしていると、私たちが来る前からずっとレセプションのスタッフの方とお話ししていた女性が、タクシードライバーだったと判明!

宿泊客だと思ってた(笑)

パリのホテルでもそうでしたが、宿泊客を迎えに来たタクシードライバーとレセプションスタッフの話が長い(笑)

きっと、よく顔を合わせる顔なじみなのでしょう〜



いよいよ出発です。

スタッフの方にお礼を伝え、タクシードライバーさんとレセプションをあとにしました。

AM10:30の飛行機なので、余裕を持ってAM8:30過ぎには出発しました。



本日の行程は、

①ミシェル・ブラス → ロデス空港(タクシー)

②ロデス空港 → パリ、オルリー空港(飛行機)

③オルリー空港 → オーステルリッツ駅(電車もしくはタクシー)

④オーステルリッツ駅 → ロワール地方のBLOIS-CHAMBORD(ブロワ・シャンボール)駅 (TGV)

移動が多いので、朝の出発なのです。(TGVはフランス国鉄の特急列車。新幹線みたいなもの)

午前中の飛行機を逃すと、あとは夕方の便しかなく、ホテルに着く時間が遅くなってしまうので、それを避けるための選択なのでした。



タクシー、やっぱり飛ばします。

P4090626.jpg


帰りは車酔いしないように気をつけようと、写真を撮るのを控えました。。。

そのせいで、かわいい牛さんを撮り逃す。ああ、残念。。。

茶色い牛さん。。。



しかーし、だいぶ山を降りてきたところでも牛さん発見!

ここでパシャリ!渾身の一枚(笑)

P4090631.jpg

ライヨール村付近では、もっと広いところでのんびり草を食べている牛さんがいたんです〜

カメラに収められず残念。またの機会に☆



こんなごつごつした岩が続いたポイントもありました。

P4090629.jpg



なんとか、酔わずにロデス空港に到着!

チェックインまでだいぶ余裕がありました。



また来る日までバイバイ、ライヨール。

バイバイ、ロデス。

これからホコリっぽいパリに一旦立ち寄ります(笑)

20140409_101625.jpg



余談ですが、バッグはそんなに大きくないので、機内に持ち込む手荷物にしたんですね。

そうしたら、旦那さんが手荷物検査で止められてしまいました!

理由は、そう、ライヨールで買ったナイフ(笑)

それはそうですよね〜!うっかり(笑)



いかにもこの地方のお土産品なので、怪しまれず、むしろスタッフの方々は「やっちゃったわね〜」という感じで笑っていました(笑)

旦那さんは、荷物を預けにカウンターへ逆戻り〜



相変わらず私も、ピピッと鳴ってボディチェック(笑)

チェック係の男性は、「私はレディの体には触れないよ〜 ちょっと待っててね♡」とおどけた感じに対応。

大きい空港に比べて、ロデス空港はフレンドリーな雰囲気で、スタッフさんとのやり取りは楽しかったです。

(カタコト英語で)



さて、飛行機に乗ってうとうとしていたら、すぐにオルリー空港に到着!

当たり前ですが、行き同様に早ーい☆



さて早速、オーステルリッツ駅に向けて移動しようとしたのですが、電車の乗り場がよくわからない。。。

バスで電車の駅まで移動だったかな?とバス乗り場へ出る出口に行こうとしたら、封鎖されている!!!

迷彩服の方々がこの付近を見回っていたので聞いてみると、「ここは今出られないので、あちらへ回って」と。

なにかあったのかな?

言われた通り、遠回りして出口を探すも、全然バスの方には着けなさそう。

仕方ない、面倒なので先に見つけたタクシーで移動することにしました。



ドライバーは楽しい方だったのですが、タバコ臭くて、ここでまたも車酔い。。。

窓も開いていましたが、排気ガスで意味なし。

せっかくライヨールで元気になったのに〜

早く着いて〜!



ぐったりする中、到着したオーステルリッツ駅☆

これまた立派な建物です。

20140409_130815.jpg

TGVの出発時刻まで少し余裕があるので、周囲を散歩しながら気分転換しようと思います〜

つづく

スポンサーサイト
Posted by comomo on  | 0 comments  0 trackback
このカテゴリーに該当する記事はありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。