comomo's Wedding note

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by comomo on  | 

エンゲージリング(婚約指輪)を見に行ったお店⑤【ヴァンクリーフ&アーペル】

実際にこももが婚約指輪(エンゲージリング)を見に行ったお店はこちら
実際に見て回った順です。

ティファニー
カルティエ
ハリーウィンストン
こももが勤めていたブランド
ブシュロン
ヴァンクリーフ&アーペル


路面店が集まっている銀座に行き、1日で回りました

休日の銀座のブライダルジュエリーコーナーは混雑します
ティファニーは一番混むので、午前中に。
2番目にはその次に混むカルティエ。
あとは、近い順から回りました~
この作戦はなかなか良かったです、それぞれゆっくり見られました

見た目や、価格を比べるために試着は同じカラットのものでしました。
(カラットとはダイヤの重さの単位です、よく間違われますが大きさではありません)
ハリーウィンストンが0.5ct以上の取り扱いしかないことを知っていたので、価格を比べるためにすべて0.5に近いカラットのものと、その前後を試着させていただきました

*********************************************************************************

今回は、最終回の「ヴァンクリーフ&アーペル」

ヴァンクリといえば、白蝶貝や黒蝶貝、カラーストーンを使ったアルハンブラで一気に知名度が UPしたブランドです。





こももは上の、縁にミル(つぶつぶ)のあるデザインが甘さがあって好きです♪
アルハンブラはお持ちの方も多いのではないでしょうか?

そんなお気に入りブランドでエンゲージを!というのも素敵ですよね

ミル好きさんには、こちらがおすすめ。



ミルが繊細なビーズワークのようで可愛い!
甘めデザインでお探しの方にもってこい。
とはいっても、ミルのラインの間は、フラットでつるんとした地金面なので、甘くなりすぎず、大人でも着けられる甘さです!
さすがグランサンクのひとつ。
※グランサンクとは、パリのヴァンドーム広場に店舗を構える老舗ジュエリーブランド5つのことの総称です。

そして、華やかなものがお好みの方には、こちらがおすすめ。


センターストーンを大きめのメレダイヤでぐるっと一周したデザイン。
キラキラまぶしいですね~

さて、そんなかわいこちゃんがある中で、今回は極力シンプルをテーマに探していたこももが試着したのは、こちらの2つ。


実際は、もっとスリムに見え、華奢な印象。
ちょっと角が角張っていて、指あたりが気になりました。


シンプルなのは良いですが、好みよりもやや石座が低く、爪が太かったように思います。

それから、これまで色々なブランドのものと価格を見てきたので、
ヴァンクリさんは、モノに対しての値段が高いように感じました。
でも、ヴァンクリさんならではのデザインを気に入った方は高くても価値があると思います

さてさて、これですべてのお店を回りきりました!
次回は、最終的にいただいたリングの発表です


(エンゲージを試着した他のお店の記事)
ティファニー
カルティエ
ハリーウィンストン
ブシュロン

(他のおすすめエンゲージ&マリッジの記事)
ブチェラッティ
ポメラート
カルティエ&ティファニー
ディオール

スポンサーサイト
Posted by comomo on  | 0 comments  0 trackback

エンゲージリング(婚約指輪)を見に行ったお店④【ブシュロン】

実際にこももが婚約指輪(エンゲージリング)を見に行ったお店はこちら
実際に見て回った順です。

ティファニー
カルティエ
ハリーウィンストン
こももが勤めていたブランド
ブシュロン
ヴァンクリーフ&アーペル


路面店が集まっている銀座に行き、1日で回りました

休日の銀座のブライダルジュエリーコーナーは混雑します
ティファニーは混むので、午前中に。
2番目にはその次に混むカルティエ。
あとは、近い順から回りました~
この作戦はなかなか良かったです、それぞれゆっくり見られました

見た目や、価格を比べるために試着は同じカラットのものでしました。
(カラットとはダイヤの重さの単位です、よく間違われますが大きさではありません)
ハリーウィンストンが0.5ct以上の取り扱いしかないことを知っていたので、すべて0.5に近いカラットのものと、その前後を試着させていただきました

*********************************************************************************

今回は4軒目の、「ブシュロン」

こももはブシュロンのデザインが大好きです。
似合うか似合わないかと言ったら、似合わないと自分ではわかっているのですが

ブシュロンのデザインが似合うなら、ブシュロンに決めていたかもしれません。
でも、似合わないとは思いつつも、試着してみるのはいいよね?ということで、行ってきました

ブシュロンといえば、「キャトル」シリーズ
異なる4種類のテクスチャー及びカラーゴールドのリングを中心に、そのテクスチャー語とのデザインなどが展開されています。
いつかは欲しい名品でございます。
もう少し歳を重ねたら似合うようになるかしら???


その中で、これはマリッジリングとして、彼に似合うのでは!と気に入ったリングがありました。
それはこちら!


ブラックゴールドとホワイトゴールドの組み合わせがスタイリッシュでいいですね~

そして、お揃いで私がつけるならキャトルスモールを半分こした片割れのこちら。

わー!とっても素敵なマリッジ!!!

ですが、彼用はいいとして、自分用はマリッジにしてはお値段が高い。。。
でも、素敵な組み合わせ。。。これにするならエンゲージいらないな。
なんて考えもよぎりました。

一応エンゲージも見ました~
ブシュロンで一番気に入ったエンゲージをご紹介。
「ゴドロン」という、丸みのある2つの重なったラインのデザインです。

こちらは、丸みがあって少し柔らかい印象なので、スタイリッシュなものが多いブシュロンの商品の中では、こももにも似合いました

アームの幅があるので、ダイヤは0.5ctは最低ほしいところです。

わ~、ブシュロン素敵、、、素敵すぎる。。。悩ましい。。。

そんなブシュロンさんでは、男性スタッフの方が接客してくださいました
男性ならではの、ものの見方もあるので、男性の店員さんというのもブライダルコーナーにはとてもよいですね~

小さい店舗ですが、ティファニーやカルティエのようにどどっと人が入ってくることはないので、非常にゆったりと見ることが出来ました

いよいよ次回は、エンゲージ探しの旅最終回、ヴァンクリーフ&アーペルです





(エンゲージを試着した他のお店の記事)
ティファニー
カルティエ
ハリーウィンストン
ヴァンクリーフ&アーペル

(他のおすすめエンゲージ&マリッジの記事)
ブチェラッティ
ポメラート
カルティエ&ティファニー
ディオール

Category : ブシュロン
Posted by comomo on  | 0 comments  0 trackback

エンゲージリング(婚約指輪)を見に行ったお店③【ハリー・ウィンストン】

実際にこももが婚約指輪(エンゲージリング)を見に行ったお店はこちら
実際に見て回った順です。

ティファニー
カルティエ
ハリーウィンストン
こももが勤めていたブランド
ブシュロン
ヴァンクリーフ&アーペル

路面店が集まっている銀座に行き、1日で回りました

休日の銀座のブライダルジュエリーコーナーは混雑します
ティファニーは1番混むので、午前中に。

2番目にはその次に混むカルティエ。
あとは、近い順から回りました~
この作戦はなかなか良かったです、それぞれゆっくり見られました

見た目や、価格を比べるために試着は同じカラットのものでしました。
(カラットとはダイヤの重さの単位です、よく間違われますが大きさではありません)
ハリーウィンストンが0.5ct以上の取り扱いしかないことを知っていたので、価格を比べるためにすべて0.5に近いカラットのものと、その前後を試着させていただきました

*********************************************************************************

さて、3軒目はついにあこがれのジュエラー「ハリー・ウィンストン」

こももは職業上、ほとんどの主要ジェエリーブランドへ足を何度も運んでいますが、
ハリーさんは入ったことがなかったのです~

だって、入店したら名前を記帳して、担当のスタッフがついて席にて接客になるので、買う気が全くないのにそうそう入れないなと思っていたからです。
小心者。。。

でも、いつかハリーさんに行ってみたい!と思っていたので、
「こんな機会でもないともう行くことがないかもしれないから、ここで買わなくていいから、とにかくお店に行ってみたいの」と彼にお願いしたところ、
彼も、「買うか買わないかはおいといて、一流は見ておくべき」と同意してくれて、見に行けることに

ドキドキしてお店に入りました

お店は、通りに面した壁はガラス窓なので、自然光がたっぷり注がれてとても明るく柔らかい印象の店内です。

そのことを店員さんに告げると、「ハリー・ウィンストンのダイヤは自然光でもとてもきれいに輝く」と教えてくださいました。

そういえば、ティファニー、カルティエはダイヤをよりきれいに見せるために、店内は暗めで、ジュエリーに専用のライトを当てています。
(こちらの2ブランドのダイヤが悪い訳ではなく、きちんとした品質のものです)
「当ブランドのダイヤは、その必要がない。自然光の元でこそ、その輝きを発揮する」と自信満々
さすがハリーさんです

店内の装飾も素敵で、夢見心地のこもも

担当してくださった店員さんの対応もとても良く、ハリーの中では高額でないにも関わらず、どう調整すると安くなるか、ここは押さえておいた方が良い、など丁寧に説明してくださり、同じカラットで、クラリティーやカラーの違うものを見比べさせてくださいました。

肉眼では、クラリティーなんてまったく差がわからないもの。
カラーもいいと思った方が安い方だったりと、ほんと好みだなと思いました。

彼も、その説明で4Cで価格が変わることと、気にするべきこと、気にしなくていいことがはっきりわかったので、選び易くなったようでした。

こももが試着させて頂いたのは4種類☆
(↓ハリーウィンストンHPのリンク貼ってます)
「ソリティアリング」:一番シンプルな一石タイプ
スクリーンショット 2015-03-09 12_15_21



「HWリング」:石座の側面が"HARRY WINSTON"のイニシャル"H"と"W"になっている
スクリーンショット 2015-03-09 12_15_45



「クラシックリング」:中央の石のサイドのアームにバゲットカットが入ったもの
スクリーンショット 2015-03-09 12_16_26



「トリストリング」:クラシックリングのバゲットの部分がメレダイヤ
スクリーンショット 2015-03-09 12_16_48



ソリティアリング、、、「秀逸」としか言いようがありません。
ダイヤを美しく見せるための究極のデザインだと思います。
横から見た時の石座の空間や、アームの幅、厚み、柔らかさのある形状。
ダイヤの輝きを邪魔しない、独特の爪。(離れて見ると、本当にダイヤの輝きと一体化して、爪がないように見えます)
どれも完璧

HWはこのイニシャルの石座が可愛い!
しかも、店員さんが別の意味にも取れるんですよと。
それは、"Husband"と"Wife"
おお~ こういった結婚に関する意味合いが込められているのは素敵ですよね

こちらでは、0.5ct台と0.7ct台を試着させて頂きました。

お値段は、これまでのブランドより、ぐぐっと上がります。
ソリティアリングで、0.5ct:100万円前後 0.7ct:120万円台が目安

さすがにここまでエンゲージにかけるのは、、、と思いました。

まあ、もともとお高いのは知っていてこちらで買う気はなかったので、そんなことは気にせず、あこがれのハリーさんに来られただけで大満足
るんるんしてお店を出るこももなのでした

次回は、こももが勤めていたブランドは飛ばして、ブシュロンさんについてです


(エンゲージを試着した他のお店の記事)
ティファニー
カルティエ
ブシュロン
ヴァンクリーフ&アーペル

(他のおすすめエンゲージ&マリッジの記事)
ブチェラッティ
ポメラート
カルティエ&ティファニー
ディオール

Posted by comomo on  | 0 comments  0 trackback

エンゲージリング(婚約指輪)を見に行ったお店②【カルティエ】

実際にこももが婚約指輪(エンゲージリング)を見に行ったお店はこちら
実際に見て回った順です。

ティファニー
カルティエ
ハリーウィンストン
こももが勤めていたブランド
ブシュロン
ヴァンクリーフ&アーペル

路面店が集まっている銀座に行き、1日で回りました

休日の銀座のブライダルジュエリーコーナーは混雑します
ティファニーは1番混むので、午前中に。
2番目にはその次に混むカルティエ。
あとは、近い順から回りました~
この作戦はなかなか良かったです、それぞれゆっくり見られました

見た目や、価格を比べるために試着は同じカラットのものでしました。
(カラットとはダイヤの重さの単位です、よく間違われますが大きさではありません)
ハリーウィンストンが0.5ct以上の取り扱いしかないことを知っていたので、価格を比べるためにすべて0.5に近いカラットのものと、その前後を試着させていただきました

*********************************************************************************

今回は2軒目のカルティエさんについて。

1階エントランスを入ると、店員さんたちがにこやかに迎えてくれました。

しかし、地下のブライダルコーナーは人が足りないのか、しばし放置。

 

声をかけてから少ししたら対応してくれたのが、日本の方ではない店員さん。
個別のカウンターに案内され、椅子に座っての接客で、飲み物も出してくださいました
ゆっくり落ち着いて見られるのはいいですよね

 

「まだ見始めたばかりで、予算は決まっていない。シンプルなもので0.5ct位のものをいくつか出して欲しい。4つ爪の一石タイプ(ソリテール1985)と、そのアームにメレダイヤが入ったものはマスト」と伝えて、試着させていただきました。
(メレダイヤとは、小粒のダイヤのこと。メインではなく添えられて使われていることが多い。)

 

うーーーーーん。

カルティエの「ソリテール1895」といえば、ティファニーの6本爪「ティファニーセッティング」と並ぶ、王道中の王道。
(ソリテールとは1石の意味)

こももには、アームの厚みや幅、石座の高さなどのバランスがあまり好みではなく、ティファニーセッティングの方が、美しく思えました。
それから、爪が太かったです。(こももの理想からすると)
ただ、人によっては、この地金感が良いという人もいらっしゃると思います。
要は、好みの問題です(笑)

 

あと、試着させていただいたのは「バレリーナ」
名前が素敵でしょ?
バレリーナがつま先立ちしているかのようなデザインです。
ただ、名前とは裏腹に幅も地金のボリュームがあり、角もカクッと出ているので、こももには似合いませんでした

 

カルティエは、全体的にかなり大人なデザインです。
つける人によっては、上質感があってかなり素敵ですが、似合わない人がつけると老けてみえます
カルティエで選ぶ時は、客観的になって自分に似合うかどうかをよく見極めることが大事かなと思いました

 

それと、ブライダルコーナーが忙しいからなのか、1階の店員さん達の対応に比べて、地下のブライダルコーナーの店員さんの対応は少し落ちる気がしました。
1階にお客さん以上の店員さんがわんさかいるのだから、地下を手伝ってもいいのにな、、、と思ってしまう手厳しいこももなのでした

また、「予算決まってない」と言っているのにも関わらず、店員さんが「予算予算」言っていた気がします。
日本の方ではなかったので、明確な基準が欲しかったのかもしれませんが、こちらの要望にあった勧め方をしてもらいたいな。。。と思いました。

これは、店員さんによって差があるのかと思うので、気持ちよく選ばれている方もいらっしゃると思います。

 

ではでは、今回はこの辺で
次回はついにあこがれのジュエラー「ハリー・ウィンストン」


(エンゲージを試着した他のお店の記事)
ティファニー
ハリーウィンストン
ブシュロン
ヴァンクリーフ&アーペル

(他のおすすめエンゲージ&マリッジの記事)
ブチェラッティ
ポメラート
カルティエ&ティファニー
ディオール

Category : カルティエ
Posted by comomo on  | 0 comments  0 trackback

ウェディングドレス決定!!!オルガンザ②

早くも、ウェディングドレスが決定しました!

こももが選んだウェディングドレスは、オルガンザさんのものです

オルガンザ

ラ・クチュール・ヨシエ

オルガンザ (本当はマリア・ミカーレを見に行く予定だったところを変更)

という順で試着させていただきました。

ラ・クチュール・ヨシエさんのドレスもとても素敵で、こももの体型にぴったりだったのですが、「シンプル」「ほんのり甘いエッセンス」のバランスが、よりこもも好みだったのが、オルガンザさんのドレスでした。

(ラ・クチュール・ヨシエさんの方が甘めのデザインです。)

そして、オルガンザさんのドレスの中でも、彼・母・デザイナーの根元さんみんなが満場一致で同じドレス推し

「他を見ても結局はこのドレスに戻るだろうな」と私も思っていたので、まだ見始めたばかりでしたが、こちらのドレスに決めて、申し込みをさせていただきました
とっても上品で素敵なドレスです~
着るのが楽しみ  結婚式の1日だけだなんて、、、もっと着たい!

どんなドレスになったかは、11月末まで内緒です
どのみち、試着時の写真がないので(笑)

この後は、彼の衣装&お色直し衣装の試着ですね。
彼の衣装は、マンダリンの提携ショップの中ではマリア・ミカーレしか取り扱いがないので、まずはマリア・ミカーレへ行く予定です。

こももはお色直しは和装希望。
和装の取り扱いも提携ショップはマリア・ミカーレのみ。
安めでいいものがあるといいなぁ。
お色直しなので、高かったら安いお店を探して持ち込みにしようと思います。
(提携外だと、持ち込み料がかかるのでそれ込みでも安く借りれないと持ち込みする意味がないんです。)

ともあれ、一番大事なウェディングドレスが決まったので、だいぶホッとしました~

Category : オルガンザ
Posted by comomo on  | 0 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。