comomo's Wedding note

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by comomo on  | 

フランス新婚旅行(5日目⑤) Domaine des Hauts de Loireのディナー☆

 
こんにちは☆ こももです:)

さてさて、ロワール地方に来て初のお食事らしいお食事です♡

小さなお城のようなドメーヌ・デ・オー・ド・ロワールで頂く、2つ星のDiner(ディネ)☆☆

シェフはRémy Giraud(レミー・ジロー)氏。



レストランのHP→Restaurant-gastronomique-chateaux-loire

上記のページから当月のメニューも見ることが出来ます☆



アルページュや、ミシェル・ブラスのように、メニュー表を頂けなかったので、記憶に留めている範囲でご紹介します。
(こももは2014年4月に訪問)


まずは、サロンでアペリティフをいただきます。

アリスのハンプティダンプティのような男性がサーブしてくださいました^^

愛嬌のある一方、とても気の利く方でした。

他の方が焼べた薪の配置が悪かったので、そちらもちょいちょいっと直してました。



そうそう、暖炉にはちゃんと薪が焼べられているんです☆

そんなハンプティダンプティ(1人)さんに記念に撮っていただきました〜

P4100819.jpg

ザ・おフランスなお部屋♡

このときPM19:00を回ったところですが、この明るさ。夜が長く楽しい国です♪


例に寄って、旦那さんはシャンパン、こももはガス入りミネラルウォーターでカンパーイ☆

P4100820.jpg

マンゴーと海老やホタテを使ったタルトと、シュー生地の上にお野菜をあしらったひと皿。



メニュー

P4100822.jpg



アペリティフを楽しんだあとは、エントランスを挟んでお隣のダイニングへ。

P4100823.jpg

サロンが爽やかなブルー系だったのに対して、ダイニングは明るいイエロー☆

楽しくお食事ができそうですね♪

まだ明るいですが、ロウソクに灯が点されていました。



ダイニングの雰囲気。 お庭のチューリップかな♡

P4100833.jpg

P4100831.jpg

P4100832.jpg



さて、テーブルに視線を戻し、はじめにセッティングされていたお皿。

P4100826.jpg

こちらのお皿のように、館内にはシノワズリな雰囲気のインテリアが所々見られました。



フレッシュバター

P4100825.jpg


〈1皿目〉

P4100829.jpg

生のお魚です。冷製のジュレとともに頂きます。



〈2皿目〉

P4100834.jpg

表面をパリッと香ばしく仕上げた白身魚にキャビア乗せ☆ 空豆をちりばめて。
爽やかな色合いがキレイです。



〈3皿目〉

P4100835.jpg

フォアグラのテリーヌと、マンゴージュレシートで包んだお野菜。
フォアグラもジュレシートと重なっていてケーキのような仕立てに。



窓ガラス越しの夕日に照らされた影が面白かったのでパチリ。

P4100838.jpg



〈4皿目〉

こちらのスペシャリテなのかな?

P4100841.jpg

しっかりしたお味のコンソメスープに、ぶりんぶりんの海老さん。
ころんとしたお野菜の彩りがいいですね。



〈5皿目〉

P4100843.jpg

こちらもぶりんぶりんのオマール海老とお野菜。
薄いパイ生地で巻いています。(←こういうの多い)



〈6皿目〉

P4100845.jpg

確か、ラ・フランスとセロリのシャーベット。お口直しですね。
サッパリ〜



〈7皿目〉

P4100847.jpg

子羊のロティ。臭みがなく食べやすかったです。
賽の目にカットしたお野菜と。またパイシート。食べにくいのが難点。。。



〈8皿目〉

P4100849.jpg

お魚だったと思うのですが、主役をトリュフに奪われてます(笑)



〈9皿目〉

P4100852.jpg

デザートに突入☆ また薄い生地に挟まれてる。
でも美味しい♪
ちなみに左も薄い筒状の生地にコーヒークリームが入っています。



〈10皿目〉

P4100854.jpg

プティ・フール


〈11皿目〉

P4100855.jpg

チョコレートづくしなひと皿♡ 濃厚で美味しかった♪



〈12皿目〉

P4100856.jpg


食後のコーヒー、紅茶のお供にチョコオレンジピール。
美味しかった☆



以上、完食です☆

はぁ〜、昨日・一昨日につづいて食べた食べた〜☆

またまた破裂しそう(笑)



こちらは、使われている食材はいわゆる高級食材で、見た目は華やかですがお味はそれほどでもないかも?

ただ、こちらの建物で、王道のフレンチを楽しむという観点からはとても良いと思いました。

アルページュと、ミシェルブラスに行った直後だったのもありますが、旦那さんの方は結構辛口コメントでした(笑)

場所と雰囲気、食材、見た目、そこそこのお味で2つ星☆☆なのかな〜



お部屋の雰囲気はとても良いですし、サロンでの接客はとても良かったですが、ダイニングのサービススタッフはガクンとレベルが下がってしまいました。

アルバイトなのかしら。。。?といった感じなので、気になる方は気になるかも?



お食事の〆は、ゲイカップルとの会話でした(笑)

こんな可愛いホテルに一緒に来るなんて可愛い〜♡



さて、お値段です。

お料理 300€
飲み物 26€
飲み物(アルコール) 56€

合計:382€

ごちそうさまでした☆

関連記事
スポンサーサイト

Posted by comomo on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://aicomomo.blog.fc2.com/tb.php/105-03a28d02
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。